借りすぎに注意!住宅ローン地獄に陥るとどうなるのか

マイホームを購入する家庭の多くは住宅ローンを利用することになりますが、借りすぎは住宅ローン地獄に陥る可能性があることを知っておかなければなりません。住宅ローンの審査に通った場合は、その金額でもきちんと返済できるだろうと判断されたことになりますが、場合によっては支払いが難しくなってしまうこともあります。具体的にどういった危険性があるのかということを理解し、住宅ローン地獄に陥ることがないようにシミレーションや計画を行っていくことが大切だと言えます。

住宅ローンを借りすぎてしまうと、貯蓄が増えない、子供の教育費が貯まらないという問題が起こるだけでなく、日々の生活が苦しくなってしまうという問題が起こる可能性が高いです。それまでの貯蓄を切り崩すことになる、最悪の場合は借金をしてしまうというようなケースもあるので、借りすぎは大きな問題に繋がります。せっかく素敵なマイホームをつくることができたとしても、住宅ローン地獄によって家計が圧迫されては意味がありません。家族が充実した日々を送るためにつくったマイホームのせいで借金をしてしまう、生活が苦しくなるのでは、思い描いていたようなマイホーム生活にすることができないです。

住宅購入を行うときに住宅ローン地獄に陥りたくないのであれば、完済計画やシミレーションが大切だと言えます。完済計画やシミレーションの段階であらゆる場合を想定してローン返済が始まってからの生活やお金の動きを考えておくと、自分たちが希望している借入額が借り過ぎかどうか判断できるはずです。借り過ぎかどうか調べたときに生活が苦しくなる可能性があると感じられるのであれば、マイホームの予算を減らして借入金も減らすなどの工夫が必要となります。

一般的に年間返済負担額を年収の35%以内にしておけば審査に通りやすいと言われていますが、より確実に借りすぎを防ぐためには年間返済負担額を年収の25%以内におさめると良いでしょう。借りている額によっては貯蓄が増えないことや家計圧迫などの問題が生じますし、お金の問題が原因で家族の仲が悪くなる可能性もあります。お金のことを考えるあまり余裕がなくなってしまい、綺麗なマイホームに住んでいても心は荒んでしまい、家族関係が冷え切ったものになるかもしれません。マイホームを購入するのであれば、借りている額が生活を圧迫しない程度になるように調整する必要があるので、事前にシミレーションや完済計画をきちんと行うようにしてください。