間取り設計で抑えておきたい特徴やポイント

家づくりの際に間取り設計を行うときには、成功するためのコツやポイントをあらかじめ知っておくことがとても大切だと言えるでしょう。成功する間取り決めの特徴やポイントを知らなければ、工事が始まってから、家が完成してから後悔してしまう可能性があります。ハウスメーカーの設計士や建築士などが一緒に考えてくれますが、自分でも理解を深めておくことで満足度の高いマイホームがつくりやすくなるはずです。

間取り設計を考えるときには部屋の広さや数だけを意識する人が多いですが、十分な広さと数があったとしても配置を間違えてしまうと不便さを感じることになります。生活動線や家事動線、回遊動線などのあらゆる動線を無視していると、朝に特定の場所が混雑してしまう、家事を同時進行しづらい、お客さんが来ているときに家の中を移動しづらいという問題が発生する可能性が高いです。部屋の広さや数だけではなく、動線を考えた配置にすることで利便性をアップすることが大切だと言えます。

ドアの位置や窓の位置も重要であり、場所が悪ければドアや窓を開けづらく、空気の入れ換えが難しくなる恐れがあるでしょう。その上、ドアの位置が悪いと開けたときに人にぶつかりやすい、邪魔になりやすいという問題が起きますし、窓の位置が悪いとカーテンを開けると道路や隣家から部屋の中が丸見えになる可能性もあります。方角についても気にしておくことがおすすめであり、鬼門や裏鬼門と呼ばれる場所には玄関やキッチン、トイレを設けないほうが良いとされていることを知っておきましょう。北東と南西が該当するので、方角を気にしたいと考えている場合は、こういった内容も意識して間取りを決めると良いです。

収納についてもコツがあり、ただ広いスペースを設けたり、たくさんのスペースを設けたりしても上手く収納することはできません。ライフスタイルや収納方法に合ったスペースが大切であり、十分な広さがあったとしてもこれらと一致していなければ不便さを感じるはずです。ハンガーで洋服を収納したい人の部屋に押入れを設置したり、洗面所で身支度を整える人の化粧品やヘアケア用品を自室に収納させたりすると、収納を上手く活用することができないでしょう。間取り設計に成功している家は、ライフスタイルや収納方法に一致した適切な広さや配置の収納が設けられていることが特徴的なので、この点も意識して設計を考えることがおすすめだと言えます。